2702デジタル写真教室

オンライン写真教室

ビデオ会議ツールのZOOMを使用してご指導します。
オンラインならではの柔軟性と気軽さで、細やかに対応できますので、従来の複数人の指導のみならず個人指導もお勧めします。
個人指導は受講生様の抱える問題点にフォーカスしてわかるまでご指導可能ですので、確実なステップアップが期待できるでしょう。

オンライン写真教室 カリキュラム

チケット購入のストアサイト


【全額返金保障】
指導がお気に召さなかった場合は、全額返金しますので安心してご利用ください。
※初めてのお客様に限ります。


【ビデオ会議ツールのZOOMを使用します】
ZOOMは事前にインストールを完了させておいてください。
要点は、ZOOMのインストール、マイク、WEBカメラ、ヘッドホンかイヤホンの準備ですが、詳細は下記をご覧ください。
オンライン写真教室の準備方法
ZOOMのセットアップが難しいと感じる方には電話で指導することもできます。

必要に応じて下記もご利用ください。
ファイル転送サービスの使い方マニュアル

※ご希望であれば、スカイプ、FBメッセンジャー、IP電話(料金がかからない接続先に限る)でもサポート対応します。


【指導方針】
『技術は嘘をつかない』 どこかで聞いたような言葉ですが (^_^;)
技術的な視点からご指導していきます。
写真の世界では、しばしば感性という言葉が使われますが、これほど曖昧でいい加減なものはないと思います。
技術は、文字や言葉にして、論理的・定量的に人に伝えることができます。
明確に人に伝えることができないものには、しばしば感性という言葉が使われますが、写真指導においては技術的なアプローチを諦めた言い訳であると考えます。
私は長年月をかけて培ってきたものを多数所有し作品作りに役立ててきました。その中には感性として身についたものも少なくありません。
ところが、感性を感性のままで人に伝えることはとても難しく、不可能かもしれません。
感性を技術に変換することで、人に明確に伝達することが可能になります。さらに、私自身もその技術をリファインできる可能性が高くなります。
感性的なアプローチで写真を学ぶ場合、何年かかっても上達できないことがあるかもしれません。
技術的アプローチで取り組めば、ごく短期間で成果が現れるでしょう。
感性として身につけた能力は、調子が悪いときは十分に発揮することができないかもしれません。つまり、うまくいかないけど解決方法がわからないというスランプに陥る可能性があります。
技術として身につけた能力は、悪条件でも安定して発揮することができます。
なお、本当の意味での感性は作品作りには不可欠の要素です。それは、皆様自身で磨いていってほしいと思います。

ページの先頭へ






定期開催コース

定期的に継続受講して頂くコースです。
写真講評コース、画像処理コースなど、ただいま調整中です。





個人指導

リクエスト頂いたご要望通りの指導を行います。

【料金】
最初の1時間 3300円
以後30分ごとに 1500円

【申し込み方法】
■メール等で申し込み
メール等でご相談やお申し込みをお受けします。


■ストアサイトからチケットを購入
ストアサイトでは、クレジットをはじめとして多数のお支払い方法に対応しています。
チケット購入のストアサイトはこちら
ストアサイトからチケットを購入した時点で申し込み完了となります。こちらからメールでご連絡しますので、指導内容やスケジュールの調整を行ってからレッスンを行います。
リピートは、こちらが便利だと思います。


【料金お支払い・精算方法】
■ストアサイトからチケットを購入
ストアサイトでは、クレジットをはじめとして多数のお支払い方法に対応しています。
チケット購入のストアサイトはこちら

■楽天銀行への振り込み
振り込み料金はご負担ください。

■時間超過の精算
時間超過した場合の追加料金は、ストアサイトからのチケット購入、もしくは銀行口座への振り込みとなります。

■購入済みチケットの払い戻し
指定講座に振り込みします。
料金の15%を手数料として頂戴しますのでご了承ください。
なお、余ったチケットは、オンライン指導サービスを継続している限り、無期限で使用することができます。


グループ指導

リクエスト頂いたご要望通りの指導を行います。

【目安料金】(5名様以下の場合)
最初の1時間 10000円
以後1時間ごとに 6000円

【申し込み方法】
人数や指導内容に応じてお見積もりしますので、メール等でご連絡ください。

ページの先頭へ


 
 
 
 
 



たとえばこういうことが可能です。ご要望に応じて柔軟に対応します。
 
 
 

写真講評


構図、現像の仕上がりなど多角的に講評します。
講評用の写真を用意してください。目安として10枚程度とします。

データは、基本的にJPEG形式とします。
RAWで撮っている人はJPEG形式に現像してから送付してください。
参考としてRAWデータも送っていただけたら、現像のアドバイスができる場合があります。
ただし、レタッチやRAW現像の教室ではありませんから、簡略化したものになります。

事前に用意した複数のデータを1個の圧縮ファイルにまとめてからファイル転送サービスで木村宛に送付してください。
ファイル転送サービスの使い方マニュアル
ファイル転送サービスのダウンロードURLの連絡先:
 

圧縮ファイルが作れない、あるいはファイル転送サービスの使い方がわからない人は、データの用意だけをしておいてください。指導時間中に送付方法のご説明をして実際に送っていただきますのでご安心ください。

ページの先頭へ

マニュアル露出をマスター


初心者のステップアップにお勧めできます。
ISO感度、絞り、シャッター速度の意味、露出の仕組みを知って、マニュアル露出を使いこなせるようになることを目的とします。

ページの先頭へ

この写真の撮影から完成まで


木村芳文の作品について撮影時の設定から最終仕上げまで全てを解説します。
対象作品は、フェイスブックやインスタグラムなどのインターネット、あるいは写真集などで公開している全ての作品です。
「こんな写真が撮りたい!」、「どうやって撮っているのだろうか?」などの疑問にお答えしますので、気になる作品がありましらた、リクエストをお願いします。



たとえば、次の作品は、空、雪、月の範囲別の部分色調整をRAW現像と現像後のPhotoshopでの補正を相互に使用して実施しています。


あるいは、次の作品は、単純な比較明合成処理ではなくて、街灯りの白飛びを完全に抑制し、地上部と星空部の色合いや明るさやノイズ処理を個別に最適コントロールしています。


これは一例ですので、気になる作品がありましらたらリクエストをお願いします。

ページの先頭へ

見附島星景写真処理(個人指導の一例)


↓受講者様撮影


個人指導の一例です。
受講者様が実際に撮影したデータを使用して処理方法の解説を行いました。
素材は赤道儀を使用しないで撮影した複数ショットでした。
 撮影設定
 現像設定
 画像のスタックと効果
 光害の扱い方
 天体と地上の処理
 等々

ページの先頭へ

その他の個人指導

ご要望に応じて何でもやります。
お問い合わせください。
例.
受講者様の撮影画像をRAW現像からレタッチ、作品出力まで
新星景写真を極める
夜景撮影で絶対に白飛びさせない
夜桜の色出し
新星景の2値分離だけやってほしい
赤道儀を使っても星が流れてしまうのだが解決は
ゴーストを出さない撮影と処理


ページの先頭へ

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。

ページの先頭へ